キャッチコピー

意外と簡単な白内障の手術

先月、親戚のおばさんに頼まれて白内障の手術の付き添いをしました。
眼の見え方がちょっとヘンなので眼科へ行ってきたいと言われて、たまたま休みだった僕が連れて行ってあげたんですが、まさか白内障が進んでいるので手術しましょう、なんてことになるとは思いませんでしたね。
お医者さん曰く結構進行していたそうなので、問題がなければ早めにしてしまいましょうと言うことで、その月の月末に手術をしました。
と言っても手術そのものは極めて簡単なもので、15分ほどで終わってしまいました。
眼球にメスを入れて、眼の中のレンズを入れ替えるとか、聞く限りだとかなり大掛かりになりそうな気になってしまうんですが、案外簡単にできてしまうみたいですね。
まぁそうでなければ日帰り手術なんてできませんよね。
今のところはなんとか経過も良好みたいですし、視力もほぼ戻ったみたいなので良かったです。

ルテインサプリメントのおかげで、弓道の成績が上がりました!

私は以前から趣味で弓道を続けています。しかし、年を重ねると段々視力も落ちてきてしまい、成績も落ちてきてしまいました。私自身はなるべく長く続けていきたい趣味だったので、ここでどうにかしないといけないと思っていました。そこで選んだのがルテインサプリメントでした。
正直最初は半信半疑でした。ただ、同じく弓道をしている友人も視力に悩んでいて、彼女も飲んでいるということで信頼していました。実際かなり視力が改善しているのを知っていましたからね。
飲んでみたのですが、最初はなかなか効果を実感することができませんでした。しかし、ずっと続けていたらいつしかぼやけていた景色がハッキリ見えるようになっていたのに気がついたのです。この時は本当に嬉しかったですね。そして見えにくくなっていたカレンダーを見たりしたのですが、やはり以前よりもよく見えるようになっていました。
そしてしばらく行かなかった弓道場に行ってみたのですが、ちゃんとハッキリ見えるのです。これには驚きましたし、何より嬉しかったです。友人が私にルテインサプリメントを勧めたのと同じで、つい私も人に勧めたくなってしまいます。何よりルテインサプリメントのおかげでまた成績が上がってきているのが嬉しいですね。
ルテイン


緑内障のレーザー手術

先日、祖父が緑内障の治療のためにレーザー手術を行いました。 眼球に直接レーザーを当てるのかと想像すると、個人的にはそれだけで目が痛くなってきますね。 実際にはそんなことも無く、あっという間に施術も終わりましたけど。
ただ、レーザー手術をしなければならないくらいに緑内障が進行してしまっていたのはさすがに祖父もショックだったみたいですね。 まぁ徐々に目が見えなくなってしまっていくのは緑内障の宿命ですからね。 治しようがない病気な以上、どうしようもないのかもしれませんが。
でも、どんなものであろうがショックはショックなわけで・・・。 祖父もかなり落ち込んでいます。
いつ目が完全に見えなくなるのか考えると、かなり精神的にキツイみたいです。 少しでも長く目が見えてくれればいいんですけどね。


緑内障でほとんど目が見えない親戚

親戚に、緑内障でほとんど目が見えなくなってしまったおじさんがいます。 もちろんただ放っておいたわけじゃなく、点眼薬を使ったりレーザー療法をしたりといろいろ対応はしてきたのですが・・・。 緑内障は一度なってしまえば一生ものですからね。
結構若いころから緑内障になってしまったおじさんなので、結果として目がほとんど利かなくなってしまってきた、と言うわけです。 当然のことなのですが、やはりものすごく不便そうですね。 我々からすれば、目を閉じて歩き回るのと同じことですからね。
それでもあらかじめ準備はしていたみたいで、まったく動きまわれない、と言うわけではないみたいです。 当事者でない僕には想像するしかできませんが、緑内障と言うのも本当に大変な病気ですね。


メタボが原因の黄班変性

メタボリックシンドロームが原因で、黄班変性と言う目の病気になってしまった友人がいます。 目の病気になるまでメタボになるってどのくらいだよ!と思うかもしれませんが、傍から見るとそこまでどうしようもないほどではないんですけどねぇ。 ただ、高血糖の気はあるみたいで、そこらへんが原因になっているみたいですね。 今回の黄班変性といい、高血糖というのもずいぶんたくさんの病気を引き起こしてしまうものなんですね。 で、とりあえず彼の場合の黄班変性は治療の余地があるそうで、すぐに手術をすればなんとかなるんだそうです。 実に運がいいというかなんといいますか。 話によると失明率がハンパじゃない病気らしいですから。 治療ができるのは本当にラッキーみたいです。 何はともあれ、さっさと治るといいですね。